タグ:レジリエンス 意味 ( 1 ) タグの人気記事

レジリエンス

レジリエンス(resilience)とは、「弾力」、「復元力」、「元気の回復力」という意味です。
心理学的な意味では、「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」です。
困難にぶつかっても、折れない心を持つ事が大事ですね。
c0277950_13303112.jpg


072.gif「世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方」
http://p.tl/rUmS

<内容>
エリートと呼ばれる人には大きく分けて2種類存在します。たくましいエリートと脆いエリートです。ここでいう“たくましい”とは、精神的な打たれ強さであり感情をコントロールできる強い自己規律のことです。心理的なたくましさがあるビジネスエリートは、 継続的に成果をあげ、社内や社外での競争に生き残り、長いキャリアで成功を収めることができます。

一方で自己プロフィールに書かれた学歴や経歴からはエリートに見えても、いざ難しい仕事を任せると精神的な脆さを見せる人がいます。結果として、重要な仕事も任せられることなく、厳しい競争に生き残ることができず、キャリアのどこかで挫折してしまいます。なぜこのような差が生まれるのか。その答えは「レジリエンス」にあります。
本書はその「レジリエンス」について解説、さらに「レジリエンス」を身につけるための7つの技術を紹介。
また「レジリエンス」は、グローバルに活躍したい人だけに有効なものではありません。多くの人はビジネスシーンや生活のなかで、いくつもの失敗をします。時には同じような失敗を繰り返すこと、失敗によって新しいチャレンジを躊躇することもあります。そこに大きなチャンスがあるにも関わらずです。
私たちは、苦手なこと、難しいこと、失敗しそうなことに対して「無理!」と言いがちです。そこにリスクばかりが見えたり、失敗することへの嫌悪感や羞恥心があるからです。レジリエンスは、「無理!」と言わずに一歩踏み出すための技術です。
本書はレジリエンスを身につけるための「レジリエンス・トレーニング」本でもあります。




<目次>
序章 レジリエンスを学ぶ前に
第1章 第一の技術 ネガティブ感情の悪循環から脱出する!
第2章 第二の技術 役に立たない「思いこみ」をてなずける
第3章 第三の技術 「やればできる!」という自信を科学的に身につける
第4章 第四の技術 自分の「強み」を活かす
第5章 第5の技術 こころの支えとなる「サポーター」をつくる
第6章 第六の技術 「感謝」のポジティブ感情を高める
第7章 第七の技術 痛い体験から意味を学ぶ










c0277950_0352680.jpg



056.gif小さな幸せ
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

056.gif私の事典
http://d.hatena.ne.jp/mydictionary/

056.gifありがとう
http://arigatooo.exblog.jp/


レジリエンスとは、「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」です。
[PR]
by wikibbs | 2014-04-16 13:35 | 教育・学習